MENU

伏見ガクの前世は狐?鬱病は治った?顔バレや身長などプロフィールも紹介!

スポンサーリンク

にじさんじからデビューした人気Vtuber『伏見ガクさん』

配信では特にホラーゲームを得意としており、他のVtuberのホラーゲーム配信でも助っ人として呼ばれるほど、ホラー耐性があります!

色々と謎の多い伏見ガクさんですが、伏見ガクさんの前世は不明と言われています。

伏見ガクさんの前世が不明な理由はなんだったんでしょうか?

また、鬱で活動休止という噂もあります!なんだか心配になりますね。

伏見ガクさんの顔バレや彼女がいるのかなど、プロフィールもまとめていきます。

今回は、

  • 伏見ガク前世不明の理由!
  • 伏見ガク鬱で活動休止?
  • 伏見ガク顔バレと彼女は?
  • 伏見ガクプロフィール!

などについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

目次
スポンサーリンク

伏見ガクの前世が不明の理由!

伏見ガクさんの前世は不明で、現在も分かっていません。

前世不明の理由と、前世の人についてこのような情報があがっています!

  • 前世は狐
  • 前世はフリーで仕事をしている
  • パチンコ依存症?
  • 元々一般の人

それぞれ詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

①前世は狐

伏見ガクさんは、ファンの間で「前世は狐」と言われており、ご本人も雑談などの配信で、『ガッツリ狐ですけど?』と発言しています。

また、狐の話題を振られると「はて?」ととぼけて返したり、「実はキツネの化身とかですか」の質問に、「勾玉に触れてセレクト押すと、姿が変わる。時々フリーズするが…」と回答しています。

さらに、「お狐様ですか?」というストレートな質問には「・・・。」と無言でスルーしています。

前世が狐ということにあまり触れられたくないようですね!

スポンサーリンク

②前世はフリーで仕事をしている

伏見ガクさんは、平日の朝に配信をしていましたが、普通の会社員では、配信するのが不可能な時間ですよね!

そのためファンから「フリーで仕事をしている人?」と噂が広がりました。

日本では副業が禁止の会社もまだ多くあり、Vtuberの活動と両立させるのは難しいですよね。

その点、フリーランスなら自由に仕事の時間を決めることが出来るので、配信も平日に朝に行えます!

また、伏見ガクさんはデビューから4年ほどが経過しています。

もしデビュー時に大学生くらいだったとしても、現在は卒業して社会人になっているはずです。

しかし、いまだに配信を様々な時間に行っているので、伏見ガクさんはフリーランスで仕事をしているという可能性が高いですね!

スポンサーリンク

③パチンコ依存症?

伏見ガクさんはパチンコ好きということを公言しており、自宅にパチンコ台を置いているほどハマっています。

配信でパチンコをプレイした時も、普段より数段テンションが高いですね!

これだけパチンコ好きということは、とっくに成人して、昔からパチンコ大好きな方だったのかもしれません。

趣味はパチンコの伏見ガクさんですが、ホラーゲームやサイクリングなど、様々な趣味をお持ちなので、依存症レベルにはなっていないのかもしれませんね!

スポンサーリンク

④元々一般の人

伏見ガクさんの前世が不明なのは、元々一般の人という可能性が高いです!

「にじさんじ」所属のVtuberは、元から配信を行っていた方もいますが、全くの素人からデビューした方もいます。

実際に、にじさんじ発のバーチャルタレントオーディションも頻繁に行われており、最近では第4回オーディションが開催され、2022年11月22日(火)15:00 ~ 12月12日(月)の間が応募期間となっていました。

応募条件もかなりゆるく、配信などの活動をしたことがない未経験の方でも応募できるようになっています!

■ 応募条件
・継続的に活動ができる、かつ優先的にスケジュールを調整できる方。
・都内での面接に必ずご参加いただける方。
・週に20時間以上(うち週に平日3日の都内での夜間レッスン)の活動スケジュールを確保できる方。
・学生(高校生も可)、未経験問わず、学ぶ姿勢のある方。

引用:バーチャル・タレント・アカデミー オーディション

伏見ガクさんもこのようなオーディションを受けて、合格しデビューした方なのかもしれません!

名前が世に知られていない、まったくの未経験者でも合格すればデビューのチャンスがあるので、前世が不明なのも納得できますね。

スポンサーリンク

伏見ガクが鬱病で活動休止?

伏見ガクさんは、過去に精神的な病気を抱えていることを公表していましたが、現在も活動休止することなく、配信などを続けています!

伏見ガクさんは、2020年4月ごろに急に配信頻度が減ってしまいました。

2022年4月26日には『事情とこれからのこと』という内容で配信を行い、ご自身が精神的に病んでしまっていることを話していました。(動画8分30秒~)

配信では、伏見ガクさんが病状を語っており、

  • 3、4件いろいろなことが重なった
  • 外出できなくなった
  • 鬱憤がたまり、浮遊感を感じる

など話していました。

伏見ガクさんは、夢で伏見ガクさんの親友が出てきて、起きたときに「現実に戻された」と感じ泣いてしまうほど、精神的に追い詰められていたようです。

伏見ガクさんは辛い状況でしたが、活動休止はせず、更新頻度を減らして活動していくことを決めました。

現在でもVtuberとしての活動を続けています!

活動休止せずに、活動を続けてくれた伏見ガクさんの決断は、ファンにとっても嬉しいことですね。

あまり無理せず、これからも活動を続けてほしいです!

スポンサーリンク

伏見ガクの顔バレと彼女は?

伏見ガクさんの顔バレは残念ながら、一切あがっていませんでした。

前世が誰なのかも判明していないので、顔バレを入手するのは、かなり難しそうですね!

自分のことを「狐」と言っているだけあって、隠れるのが上手な方のようです。

伏見ガクさんの彼女について調べましたが、ご本人が「いない」と断言していました!

ファンから「彼女いるんでしょ?」と強めに問い詰められたときは、『無罪の罪を着せられているみたい…』と嫌悪感を露わにしていました!

伏見ガクさんは動画内で『もし彼女ができたら言う』とも話しているほどなので、彼女がいないというのは本当にようです。

スポンサーリンク

伏見ガク プロフィール!

  • 名前:伏見ガク(ふしみ がく)
  • 年齢:23歳(デビュー時は19歳
  • 誕生日:10月5日
  • 身長:178cm
  • 血液型:A型
  • 利き手:両利き
  • 座右の銘「誰だってミスをする。だから鉛筆の後ろに消しゴムがついる」「死ぬまでどしどし ふんどしどし」
  • 趣味:物件探し・パチンコ・プリコネ・ホラーゲーム・サイクリング
  • 得意料理:カツ丼・サーターアンダギー
  • 好きな動物:犬派だが、猫カフェに行く程度には猫も好き
  • 好きな食べ物:ハンバーガー、カレー、カツ丼、海鮮丼など
  • 怖い物:虫
  • 嫌いな物:シュガートースト、大学芋、甘酒、海老の天ぷら、芋けんぴ
  • 公式紹介文:23歳の大学生。
    普段はアルバイトやサークルのバンド活動に勤しむ。性格は犬っぽく純粋に楽しいことが大好き。
    いろんな人とお喋りしたくて配信を始めた。チャラそうに見えるが周りの人を気遣ったりと優しい。楽しんでなさそうな人がいると「楽しんでる?」と声をかけたりする。

伏見ガクさんは「にじさんじ」から2018年3月にデビューしました!

2018年3月19日からは『おはガク!』を開始し、それ以降も精力的に活動を行っています。

得意な配信はホラーゲームで、ホラー耐性があるため、怖いシーンでもノーリアクションで進めていきます!

ゲームの腕前も確かなので、他の配信者のホラゲー配信に、案内役でコラボすることもあります。

ゲーム配信がメインで活動していますが、伏見ガクさんのYou Tubeチャンネルでは「歌ってみた」も投稿されており、『』は97万回再生を突破しています!

スポンサーリンク

まとめ

にじさんじ所属の人気Vtuer「伏見ガクさん」

伏見ガクさんの前世は不明とされており、前世不明の理由と、前世の人についてこのような情報があがっています!

  • 前世は狐
  • 前世はフリーで仕事をしている
  • パチンコ依存症?
  • 元々一般の人

伏見ガクさんは2020年4月ごろに急に配信頻度が減ってしまい、2022年4月26日には『事情とこれからのこと』という内容で配信を行い、ご自身が精神的に病んでしまっていることを話していました。

精神的に病んでしまったことで、更新頻度は減りましたが、現在も活動休止することなくVtuberとして活動しています!

伏見ガクさんは前世不明だけでなく、顔バレもしていません。

前世が狐と言っているだけあって、自分のことを隠すのが上手ですね!

また、彼女もいないことを明かしており、「もし彼女が出来たら言う」と話すほど、オープンな方のようです。

伏見ガクさんは、2018年3月にデビューしてから、人気を伸ばしていき、現在ではチャンネル登録者数26万人を超える、人気Vtuberとして活動しています!

これからも伏見ガクさんの配信を楽しみにしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次