MENU

【スタバ2022夏】ほうじ茶フラペチーノはいつからいつまで?販売期間・口コミ紹介!

今年もスタバにJIMOTOが帰ってきました!

2021年は47都道府県でその土地ならではの食材を使った「47 JIMOTOフラペチーノ」が販売されましたね。ただその県まで行かないと飲めなかったので、気になるのに飲めなかったという方は多いのではないでしょうか。

でも今年は3県のJIMOTOフラペチーノを、なんと全国展開!気軽に遠出ができない現在、その県まで足を運ばずに飲めるようになったのは嬉しいですね。

この記事ではその中の1つ、石川県の「石川 いいじ 棒ほうじ茶フラペチーノ」の販売期間と口コミを紹介していきます。

目次

【スタバ2022夏】ほうじ茶フラペチーノの販売期間はいつからいつまで?

販売期間:8月3日~8月31日

金額:店内利用\680(税込み)

持ち帰り\668(税込み)

サイズ:トールサイズのみ

販売期間は8月末までとなっていますが、無くなり次第終了になります。

人気のドリンクは完売が早いので、気になる方はお早めに!

期間だけでなく、1日の中でも完売してしまうこともあるので、確実に飲みたい人は午前中にいくのがおススメです。

【スタバ2022夏】ほうじ茶フラペチーノの口コミ

口コミを紹介する前にほうじ茶フラペチーノについて紹介します。

そもそもなんで石川県がほうじ茶?と思われる方もいるかもしれません。石川県は江戸時代から加賀藩前田家のお膝元で茶の文化を築いてきた歴史があり、茶道をたしなむ人口が全国でもトップクラスと言われているそうです。

その中で棒ほうじ茶は、明治時代に捨てる部分の茎を焙じたことが始まりで、当時高価だったお茶のかわりに庶民に親しまれたお茶のようです。

棒ほうじ茶の「棒」とは茎のことなんですね。元は捨てるはずのものだったなんて驚きです。今回使用しているほうじ茶の中で85%が棒ほうじ茶を使用しているそうですね。

◎飲む前からほうじ茶の香りに包まれる!

飲んだ人の感想で、トップを占めるのが何と言っても「香りの高さ」!

ベースはミルクとほうじ茶をブレンド。ホイップの上にほうじ茶パウダーがかかっているので、ほうじ茶の豊かな香りが楽しめる一杯になっています。

パウダーがかかっているので飲む前からふんわりと香り、飲んだら口の中いっぱいにほうじ茶の香りが広がります。

香りをより楽しむために、店内利用なら蓋無しで飲むのもいいかもしれませんね。

◎甘さ控えめ、ほうじ茶の味がダイレクト!

スタバのドリンクにしては珍しくシロップを入れていないので、よりダイレクトにほうじ茶の味を感じられます。甘さ控えめなので、すっきりしてこの暑さでもゴクゴク飲めてしまうのが嬉しいですね。

◎カスタムで自分好みにチェンジ

ミルクとほうじ茶のみなので甘さを求める人には物足りないかも・・。そんな時にはカスタマイズをして自分好みの味を見つけてみるのはいかかでしょうか。

‐無料カスタム

・ホイップ増量

・はちみつ追加

・キャラメルソース追加

‐有料カスタム

 ・ホワイトモカシロップ追加(\55)

 ・エスプレッソショット追加(\55)

甘さを求めている人はシロップ追加やホイップ増量がおススメです。

逆に苦みが好きな方はショットを追加すると、香ばしさがアップするのでより強くほうじ茶を感じられるとか・・・!

「石川 いいじ 棒ほうじ茶フラペチーノ」の名前にある「いいじ」とは、石川の方言で「いいね」を意味する言葉だそうです。

長く地域に愛されている棒ほうじ茶を使った、石川の「いいじ」がたっぷり詰まったほうじ茶フラペチーノ、是非皆さんも飲んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる